植物記へ戻る

Saussurea brunneopilosa

キク科トウヒレン属

2006.8.12 沱沱河 標高4100 m

高山帯では、植物体が小形化し密集した生育形態(クッション型)をとる種がいくつかの科にみられる。ナデシコ科、ユキノシタ科、サクラソウ科などに多い。
私はトウヒレン属のクッション植物を初めてみたので、ちょっと感激.