植物記へ戻る

Gentiana urnula Harry Smith

リンドウ科リンドウ属

2006.8.5 当雄  標高5000 m

分布:青海省、チベット自治区、ブータン、ネパール、シッキム
花期・結実気:8-10月
高山の瓦礫地に生える.よく分枝する地下茎をもち、安定しない地面に対応している.桃色と白色の花が見られた.桃色の花の蕾は桃色がかり、白色の花の蕾は白いので、同一個体で花色が移り変わっているのではなさそうだ.私の大好きな種で特に葉が好きだ.角々した葉がまるで瓦礫に擬態しているようで微笑ましい.