植物記へ戻る

Androsace tapete Maximowicz

サクラソウ科トチナイソウ属

2006.6.13 当雄  標高5200 m

分布:甘粛省、青海省、四川省、チベット自治区、新疆ウイグル自治区、ブータン、ネパール、シッキム
花期:6-7月
チベット高原でよく見られるクッション植物.同株の中に花の中心が桃色のものと黄色のものがあるのが興味深い.ポリネーターの訪花行動に何か効果があるのかもしれない.
高山植物の生態に関する「Alpine plant life 」という本の中に、「花が密集しているクッション植物は、花期に自分の花に被陰されて光合成能力が落ちるのでは?」という記述がある.そう考えたくなるのもよく分かる.誰か実証する人はいないだろうか.