植物記へ戻る

Pedicularis longiflora Rudolph

ゴマノハグサ科シオガマギク属

2006.7.20 海北 標高3200 m

分布:甘粛省、新疆モンゴル自治区、青海省、四川省、チベット自治区、雲南省、インド、カザフスタン、キルギスタン、ネパール、パキスタン、シッキム、モンゴル、ロシア、タジキスタン、トルクメニスタン、ウズベキスタン
花期:7-9月
湿った草地や沼沢地に生える.時に大群落を形成している.花冠は黄金色で、下唇の基部に2個のえんじ色の斑がある.他のシオガマギクの仲間に比べて桁違いに長い花筒を持つ(写真の黄色い長い柄).シオガマギクの仲間はこの花筒の基部に蜜源があるはずだ.この花筒の長さにみあう長い口を持つポリネーターがいるのだろうか?かなり広い分布域をもつが、ポリネーターも広く分布する種なのだろうか?生態学者の興味を引く花だし普通に目にできる種なので誰か調べているかもしれない.今度検索してみよう.変種もいくつか記載されている.