植物記へ戻る

Viola biflora Linn.

スミレ科スミレ属キバナノコマノツメ

2006.6.12 海北  標高3400 m

キバナノコマノツメは、スミレのなかでは最も分布が広いもののひとつで、北半球に広く分布する.日本でも高山に行くとたいてい目にすることができる.チベット高原ではそれほど目にしなかった気がするけれど、今度行ったときには気をつけて探してみよう.